新ポケモンの情報と考察

ポケットモンスターソード・シールドで新たに登場するポケモンについて考察してみようと思います。公式から新たに発表があったらこのページを更新していきます!みんなの意見や妄想もコメントしてくれると嬉しいです!

ダイレクトで発表されたポケモン(6/5)

6/5(火)に配信されたポケモンダイレクトで発表されたポケモンを紹介します。まだ観てない人は観ておいてね!

ワタシラガ

ワタシラガ

タイプ くさ
とくせい わたげ さいせいりょく

草タイプの新ポケモン「ワタシラガ」です。「ヒメンカ」からの進化ポケモンということも発表されています。とても可愛らしく、なんとなく序盤から登場しそうな気がします。

新特性「わたげ」は素早さダウンの効果

ワタシラガは、新たな特性「わたげ」をもっています。「わたげ」は「バトルで攻撃を受けた際に、素早さを低下させる」効果です。

現存の特性「ぬめぬめ」や「カーリーヘア」と同じような効果ですが、「接触」の表記がないので、どんな攻撃を受けても効果が発動しそうです。その場合は「ぬめぬめ」などの完全上位互換になりますね!ヌメルゴンかわいそう・・・

ワタシラガの考察

草単タイプであり、専用特性と思われる「わたげ」の特性をもつワタシラガ。攻撃を受けるだけで相手の素早さを下げる効果は非常に強力で、積みアタッカーへのストッパーとなる可能性を秘めています。

もう一つの特性は「さいせいりょく」とこちらも優秀で、どちらかというと耐久系のポケモンとなることが予想されます。「やどりぎのタネ」や「ギガドレイン」を覚えてくれるなら、結構イヤらしい動きができそうです!

ウールー

ウールー

タイプ ノーマル
とくせい もふもふ にげあし

ノーマルタイプの新ポケモン「ウールー」です。とてもわかりやすいネーミングであり、おそらく最序盤のコラッタやビッパの立ち位置だと思います。進化形はまだ発表されていませんが、多分進化するはずです。進化後の姿も気になりますね!

ウールーの考察

ノーマル単タイプの可愛らしいウールーは、「もふもふ」の特性をもっています。キテルグマの専用特性でしたが、剣盾で他のポケモンにも配られるみたいですね。

「もふもふ」は、直接攻撃ダメージを半減する強特性であり、ある程度種族値を誤魔化せるのは嬉しいところです。見た目的に低種族値な気がします。進化形が知りたい!

アーマーガア

アーマーガア

タイプ ひこう はがね
とくせい プレッシャー きんちょうかん

飛行・鋼タイプの新ポケモン「アーマーガア」です。個人的には見た目が好きで、タイプも優秀なので非常に気になる存在です。「空飛ぶタクシー」と発表されていたので、ライドポケモンとして「そらをとぶ」の役目も担っているのかなという予想です。

アーマーガアの考察

飛行と鋼の複合タイプをもつので、それだけで普通に優秀です。同タイプには「エアームド」と「テッカグヤ」しか存在しないので、種族値によっては大きな個性を発揮できる可能性があります。

懸念材料としては特性です。プレッシャーは耐久型との相性が良いですが、耐久をやらせるとエアームドやテッカグヤとモロに被ってしまいます。それ以上の才能があれば問題ありませんが、テッカグヤたちを上回る耐久力があるとは思えない・・・

映像では「ブレイブバード」で突貫していたので、アタッカー系だと嬉しいなと思っていたのですが、種族値の配分はどうなのでしょうか。非常に気になります。個人的に見た目が好きなので、もしかしたら1番最初に育成するかもしれません。

カジリガメ

カジリガメ

タイプ みず いわ
とくせい がんじょうあご シェルアーマー

水・岩タイプの新ポケモン「カジリガメ」です。見た目的に鈍重そうであり、間違いなく重火力物理アタッカーという感じになりそうですね。

カジリガメの考察

水・岩の複合タイプをもつポケモンで、どう見てもパワーの高い物理系のポケモンと予想できます。同タイプの物理系には「アバゴーラ」「カブトプス」「ガメノデス」「ジーランス」が存在します。

亀ということで「からをやぶる」を覚えそうな雰囲気ですし、もし覚えたらかなり強いと思います。「がんじょうあご」の特性のおかげで牙技の火力が1.5倍になるので、アタッカーとして優秀なポケモンになるかもしれません。

伝説のポケモン

ソード・シールドのポケモンが発表されました。剣盾の名の通り、剣と盾をモチーフにしたデザインとなっています。

ザシアン(ソード版)

ザシアン

タイプ 不明 不明
とくせい 不明 不明

ソード版の伝説ポケモン「ザシアン」です。剣を咥えるというポケモンでは珍しいデザインですね。子供達が喜びそうな良い見た目だと思います。口疲れそう。

ザシアンの考察

タイプや特性が判明していませんが、どちらかというとアタッカー系の性能なのかなと思います。ソードだから攻めでしょ、たぶん。伝説のポケモンは通常のレートには参加できませんが、WCSなど、伝説ありのルールの際には是非とも活躍させてあげたいですね!

ザマゼンタ(シールド版)

ザマゼンタ

タイプ 不明 不明
とくせい 不明 不明

シールド版の伝説ポケモン「ザマゼンタ」です。顔の部分が盾になっているデザインです。初見ではフラダリかと思ったわ。これはこれでかっこいいと思うのですが、なんとなく子供達はザシアンの方に流れる気がします。みんなシールド版も買ってくれよ!

ザマゼンタの考察

ザシアンと同様、現状タイプや特性が判明していません。ザシアンとは対になっているはずなので、どちらかというと耐久力が高い性能になっていると考えられます。伝説ルールで耐久はなかなか大変ですが、ハマったら強いのかもしれません。タイプが気になる!

御三家のポケモン

ポケモンの醍醐味、御三家のポケモンを紹介します。まだ最終進化形が判明しませんが、皆さんはどの御三家で冒険を始めますか?僕は初見は草タイプっていう流れがあるので「サルノリ」になるかなあ。

サルノリ

サルノリ

タイプ くさ
とくせい しんりょく

草タイプの御三家「サルノリ」です。スティックが特徴らしいので、物理系のポケモンになると考えられます。最終進化のタイプが気になるよね!草・格闘とかありそう?

ヒバニー

ヒバニー

タイプ ほのお
とくせい もうか

炎タイプの御三家「ヒバニー」です。脚力が大きな武器になるらしいので、素早さには定評のあるポケモンになるでしょう。炎御三家は、素早さ種族値100族前後のポケモンが多いですが、120族くらいいったら面白いなあ。

メッソン

メッソン

タイプ みず
とくせい げきりゅう

水タイプの御三家「メッソン」です。正直性能が予想しにくいのですが、おそらく特殊型のポケモンになると思います。最終進化形のタイプはどうなのでしょうか。ポケモンの世界では水タイプが本当に優秀なので、正直どのタイプが複合してもそれなりの性能になっちゃうと思います。

1 Comment

コメントを残す


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function sng_minify_js() in /home/keeeeto33/keeeetopoke.com/public_html/wp-content/plugins/sango-theme-gutenberg/dist/init.php:169 Stack trace: #0 /home/keeeeto33/keeeetopoke.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php(292): sng_block_tab_js('') #1 /home/keeeeto33/keeeetopoke.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php(316): WP_Hook->apply_filters(NULL, Array) #2 /home/keeeeto33/keeeetopoke.com/public_html/wp-includes/plugin.php(484): WP_Hook->do_action(Array) #3 /home/keeeeto33/keeeetopoke.com/public_html/wp-includes/general-template.php(3025): do_action('wp_footer') #4 /home/keeeeto33/keeeetopoke.com/public_html/wp-content/themes/sango-theme/footer.php(51): wp_footer() #5 /home/keeeeto33/keeeetopoke.com/public_html/wp-includes/template.php(730): require_once('/home/keeeeto33...') #6 /home/keeeeto33/keeeetopoke.com/public_html/wp-includes/template.php(676): load_template('/home/keeeeto33...', true, Array) #7 /home/keeeeto33/keeeetopoke.com/public_html/wp-includes/general in /home/keeeeto33/keeeetopoke.com/public_html/wp-content/plugins/sango-theme-gutenberg/dist/init.php on line 169